いろいろまとめ

いろいろとやってる間にニンダイやらカンファレンスやらTGSやらで情報が溜まっているのでそういったまとめ。
いつものごとく興味のある奴だけ。

・マリオ&ルイージRPG1DX
GBAで発売されたマリオ&ルイージRPGのフルリメイク。
マリルイシリーズはこれまでも何作か出てますがプレイしたことがあるのがリメイク元である1だけなのでちょっと気になるところ。
新モードとしてクッパ軍団RPGが収録されているみたいです。
気づいたら来週発売ですが新品で欲しいかといわれるとそうでもないのでしばらくスルーするんじゃないかと。

・ファイアーエムブレム無双
記事にするのが遅すぎて既に発売してしまってます。
New3DSとSwitchどちらも持っていないのでSwitch本体を購入するまでスルーです。
ゲームシステムとか見たんですけどだいぶゼルダ無双と似たようなシステム流用してるみたいというのと、武器種の三すくみ関係やペガサス・ドラゴンに対しての弓特攻など割とえげつない倍率がかかってるみたいですね。

・ゼノブレイド2
ゼノブレイドクロスのような惑星単体での開拓物語ではなく、1と同じように巨大な生物の上で暮らす人間の物語に戻りました。
戦闘システム周りにだいぶ手が加えられていて、例えばアーツが各リキャストタイムを経て再使用になるのではなく、オートアタックによりリキャストが回復していく感じになっていたり、戦闘中に使用できるアーツ数が3個に減っていたりと別ゲーに。
12月1日に発売予定。

・プロジェクト オクトパストラベラー
3Dのような2Dドット絵のゲームで8人の主人公の中から一人を選んで冒険するサガシリーズっぽい奴。
選ばなかった主人公たちも冒険の中で仲間にすることが出来、そのキャラクターのシナリオも進めることが出来るので、選ばなかったキャラクターも仲間にしたい・シナリオも見たいという人にも安心。
戦闘システムはターン制のコマンドバトルで、相手の弱点を突きシールドポイントを減らしブレイクさせ、ブレイク中に大ダメージを与えるといった感じの流れ。
2018年発売予定で現在は体験版が配信されているみたいです。

・星のカービィ スターアライズ
据え置きでのアクションカービィ最新作。
今作では雑魚敵を仲間にしてその能力を利用して謎解きをする感じ。
言っちゃいますがぶっちゃけヘルパーですね。
ヘルパーはCPUが勝手に動かしてくれるほか最大4人でのマルチプレイも可能です。
こちらは2018年春発売予定。

・モンスターハンターワールド
こちらはカンファレンスとTGSで情報が一気に出てきましたね。
新情報が多すぎてどこから書けばいいのか分かりませんが、まず発売日が2018年1月26日に決定。
パッケージや新規モンスター・フィールドの公開、新PVの公開もありました。

装備品周りの変更点として防具が剣士/ガンナーで共通になりましたが、剣士には物理防御に、ガンナーでは属性防御にそれぞれボーナスがかかるので、これまで通り剣士は防御力が高いといったのは変わりません。

スキルシステムも変更され、今までは例えば攻撃のスキルポイントが10になると攻撃が発動するというものでしたが、今作では大半のスキルが1ポイントから発動。
シリーズスキルといったものも追加され、こちらは同じシリーズスキルのついている防具を規定数装備することで発動するタイプです。

悪名高い護石システムも見直され、他の装備品と同じように素材を消費して生産・強化できるようになりました。
これにより護石格差がほぼなくなるものと思われますが、強力な効果が発動する護石はえげつない素材を要求されそうです。

装備の生産・強化のUIが大きく変更され簡単に言えばかなり見やすくなりました。
武器の強化で何種類かに派生する武器はこれまでもありましたが、強化状態を巻き戻すことが可能になり他の派生武器に作り直すことも出来るように。
巻き戻した際に強化で使用した素材は全部返還されるようなので、作ってはみたものの別の派生のほうが気になるといった場合は嬉しいですね。
スポンサーサイト

E3とかE3以外とか

気付いたらいろんなゲームの情報が出ていてどれがどのイベントの出典なのかよく分からないのでそういうもののまとめ。

■モンスターハンターワールド
CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト



インタビューによるとPS2から続いてきたモンスターハンターとしてやってきた事を一度リセットして、今のゲーム機での技術を活用した新しいモンスターハンターの形態という事。
そのためナンバリングではなくワールドというタイトルがつけられている。
また名前から分かるとおりのオープンワールドのようなシステムが使われていて、これまでのように各エリアで区切られている事はなくフィールドはシームレスに繋がっている。
ただし完全なオープンワールドではなく、クエストを受注してそのフィールドに降り立つまではいつも通りですが、従来よりも2倍程度拾いフィールドをシームレスで繋いでいる模様。

ペイントボールは廃止され導蟲と呼ばれる虫を利用してモンスターの足跡や匂い等の痕跡を追ってモンスターの居場所を追尾する形に。
従来のモンハンでは回復アイテムを使用したときなどに長い硬直が発生していましたが、今作ではそういった部分も廃止され歩きながらのアイテム使用や採取が出来るようになっている。
また現地で取ったアイテムを即座に消費して回復するような事も出来るので、持ち込んだポーチのアイテムを使用せずとも現地調達で戦い続けることも出来る。

今までは肉質の数値が攻略本などで公開がされるまでは装備品やヒットストップなどを頼りに弱点部位・弱点属性を図る必要がありましたが、今作ではモンスターに与えたダメージを数値としてはっきり視覚化できるようになり(オフにする事も可能)、自身の攻撃がどの程度通っているのか、効率よくダメージを与えられる部位がどこなのかというのが分かりやすくなりました。

オンラインプレイももちろん可能で、今作では既に開始済みのクエストへ途中参加も出来るようになっていて、出発時に時間の合わなかった知り合いに入ってもらったり、救難信号を出して見ず知らずの人に入ってもらう事もできたりします。
発売ハードは日本ではPS4のみ、海外では追加でXBOXOneとPCも発表されていますが、今のところハード間のクロスプレイには非対応のようです。

■キングダムハーツ3


開発が長引いているKH3ですが新PVが公開されました。
これまで公開されていたPVではシナリオムービー部分が中心で、フィールドの操作はUIは仮置きのままという感じでしたが、今回のPVではフィールドでの戦闘できちんと連動しており実際のゲーム画面に近いものと思われます。
また仲間アイコンはドナルドとグーフィーの2人だけで、ワールド毎のゲストキャラを戦わせるにはどちらかと交代しなければいけないというのが大半でしたが、PVを見る感じヘラクレスも一緒に戦っているので3人以上の仲間を連れて戦うことが出来るようになったみたいです。
bbsにあったシュートロックコマンドやコマンドスタイルの変化、3Dにあったフリーフローアクションに似たようなものなど、ナンバリングとしては2の頃よりも出来ることの範囲が大きく増えてそうです。

■ドラゴンクエスト11
PS4、3DS共にマスターアップが完了したようで発売日の延期はないとの発表がありました。
大型タイトルといえば発売延期がつき物でしたがとりあえず安心です。
ちょろちょろと細かい発表があってどれが最新のものなのかよく分かってないので適当に適当に。

これまでプレイヤー側が自主的に行っていたであろう「縛りプレイ」を公式にシステムとして組み込まれていて、現時点で発表されているのは「買い物禁止」「逃げる禁止」「防具装備禁止」であと一つ用意されているが今後の体験会などで発表との事。
ゲーム開始時に縛りを適用するかどうか決める事ができ、もちろん縛らずにプレイも可能で、複数の項目を同時に適用させる事も可能。
縛ってはみたもののゲームがキツいとなったときに救済措置として、ゲーム中に制限を解除する事も出来るみたいです。
またPS4では実績機能に対応していますが、縛りプレイを適用すると取れない実績があるとかそういう事はない模様。

キャンプでは不思議な鍛冶というのが出来るようになっており、見た目はDQ10の鍛冶そのもの。
オフラインゲームという事を考慮してか失敗しても素材はロストせずに完成まではいけるようになっているので苦手な人も安心です。
またDQ10では衣類は裁縫、杖などは木工と分かれていましたが今作ではこの不思議な鍛冶のみで作るため、水の羽衣といった装備をハンマーで叩いて作るのは見た目的にちょっと面白いです。

キャラクターの育成システムとしてこれまで転職やスキルポイントの取得による強化などがありましたが、今作では転職はなく、スキルポイントは続投ですがスキルパネルシステムとして生まれ変わりました。
レベルアップでスキルポイントを獲得できるのはこれまで通りですが、スキルをカテゴリ毎に数値で振るのではなく、パネル化されたボード上で一つ一つ選んでいく形になります。
隣接したパネルしか習得する事は出来ませんが大半のパネル効果が事前に分かるので、どれだけ振ればどういったスキルを覚えられるのか分からないといった心配もありません。
FF10のスフィア盤やFF12のライセンスボードなどをイメージすると分かりやすいんじゃないかと。

PS4限定のようですがイベントをスキップできるようになったみたいです。
周回プレイであったりボス戦で全滅してしまいまたイベントを見ないといけない場合など時間短縮になるので非常にありがたいですね。

■適当
あとゼノブレイド2とかマリオオデッセイとかファイアーエムブレム無双とか色々発表あったんだけどまとめるのが面倒になったのでまとめません。
FE無双に付いてだけちょっと言うとインタビューにより登場キャラクターはDS作品以降のキャラ、つまりは暗黒竜リメイク、覚醒、ifに限られるらしく、GBA三部作や聖戦は登場しないみたいで残念。

MHXX前日

まるっと1ヶ月ほど放置されてるしMHXX発売前日なので主に消化し切れなかった積みゲーを紹介するコーナー。

■モンスターハンターストーリーズ
以前からやりたいなーと思っていたので正月くらいに購入。
実際にアニメ放送もされてますがアニメ風にデフォルメされアクションではなくRPGとして発売され、ナビキャラであるナビルーの見た目も非常にアレだったので発売前の評判は散々でしたが、実際にプレイしてみると中々おもしろい作品。
通信対戦はやるつもりはなかったのでメインストーリーをクリアした程度で終わり。
旧3DSでプレイしていたせいもありますがNPCやモンスターシンボルが多数表示されるような場所や、戦闘倍速中にエフェクトが大きく掛かるような場面で処理落ちが発生してしまうのがちょっと残念でした。

■Gジェネジェネシス
全ミッションをノーマルでクリアしているので、全クエストのクリアやトロフィーコンプを目指してやってましたがクエスト残り十数個くらいで終わり。
トロコンは遠いですが多分そのうちがんばります。

■ワールドオブファイナルファンタジー
これも以前からやりたいなーと思っていたのでセールに合わせて(パッケージ版を)購入。
ライトニングさんのセイヴァーメダルを入手した辺りまではやりましたが多分まだまだ序盤ですよね。
多分そのうちがんばります。

■Stardew Valley
以前日本語MODを入れてゲーム内2年目夏くらいまではプレイしましたが、先月公式で日本語対応されたので初めからプレイ。
日本語MODとはアイテム名が違っていたりするのでwikiを見ながらプレイするとちょっと混乱するかもしれません。
2年目春までコミュニティセンタールートでプレイしてますが、効率プレイしたので残りのバンドルは紫キャベツのみとなってます。
実績解除は見なかったことにしよう。

Nintendo Switch 発売日決定など

今日のプレゼンテーションで任天堂の次世代ハード「Nintendo Switch」に付いて様々な情報が出ました。
Nintendo Switchの公式サイトはこちら。
Nintendo Switch|Nintendo

プレゼンテーション全体の動画はこちら(プレゼン開始は33分過ぎから)。


発売日は2017年3月3日で価格は29980円(税別)になります。
Wii、WiiUとこれまでの任天堂据え置きハードでのオンラインマルチプレイは、月額支払いが必要なオンラインゲーム(DQXやMHGなど)以外は無料でサービスを提供してましたが、スイッチでのオンラインプレイはスイッチ発売以降はしばらくの間無料で提供し、秋からは有料にするみたいです。

プレゼンテーションではローンチタイトルが2本しか発表されていませんが公式サイトを見れば分かるとおり現時点で8本発表されています。
スイッチで発売されるタイトルのうち気になるのだけちょろっと抜粋。

■ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
WiiUでも発売されるゼルダの伝説最新作で今までもちょろちょろと実機プレイ動画が上げられたりしてましたが、スイッチと同日の3月3日に発売と発表されました。
オープンワールドの本作ですがどういったシナリオ・ゲームバランスになっているのか気になるところ。

■SUPER BOMBERMAN R
ハドソンがコナミに吸収され、またハドソンブランドが完全に消滅してしまっているため、続編が出るか非常に怪しかったボンバーマンシリーズがスイッチでまさかの登場。
8人でのオンラインマルチプレイにも対応しておりこちらも3月3日に発売が予定されている。

■ドラゴンクエスト ヒーローズI・II for Nintendo Switch
PS3・PS4向けに発売されたヒーローズシリーズ2作が1本になりスイッチ向けに発売。
元々のゲーム内容に加え後に無料で追加されたDLCが初めから入っており、新要素としてライアンのプレイアブル化・新たなボスとしてシドーが追加されている。
PVでは2のフィールドでライアンが動いているところが、シドーには1と2の主人公が一緒に映っているところ(つまりはマルチプレイ)が確認できるので、新要素は2で遊べることは分かりますが1でこの要素が楽しめるかは不明です。
こちらも3月3日に発売予定。

■魔界戦記ディスガイア5
PS4向けに発売されたディスガイア最新作がスイッチにも登場。
過去作品では追加要素を入れてPSPやVitaに移植をしていましたが今作はまさかのスイッチ移植。
現段階では追加要素に付いて一切発表がないようですが、発売が3月3日に予定されているので近々情報公開があるかもしれません。

■マリオカート8デラックス
WiiUで発売されたマリオカート8の移植作品。
元々のゲーム内容とDLCをすべて収録し新しいコースやマシンなどもある模様。
スプラトゥーンのボーイ&ガールがプレイアブル化されているほか、アイテムの二つ所持が可能になっているなどゲームバランスも変わっているようです。(アイテム二つ所持に付いてはバトルモード画面での確認なので通常レースで可能かは不明)
またバトルモードが変更され、8ではレースコースをぐるぐる回りながら戦うというよく分からないもので不満を持っていた人も多かったと思いますが、8デラックスでは専用のコースが設けられ風船バトル以外のルールも搭載しているみたいです。
こちらの発売は4月28日と本体発売からは少し遅れます。

■Splatoon2
WiiUで発売されたSplatoonの続編。
新しい武器・ギア・ステージ・スペシャルウェポンと前作から比べると結構変わっているようです。
前作発売から今年で2年になりますが今作はゲーム内でも2年が経過したという設定があり、本拠地もハイカラシティの2駅隣のハイカラスクエアと変更されています。
公式ツイッターでは明日から始まる体験会に先駆けて操作方法やステージに付いて言及があるので気になる人は見に行ったほうが早いかもしれません。
発売は夏予定。

■SUPER MARIO ODYSSEY
3Dマリオの最新作。
スーパーマリオ3Dワールドのようなステージクリア型ではなく、64やサンシャインのような箱庭型のマリオが久々に登場。
高層ビルが立ち並び車も通るなど現実世界のようなステージを跳び回っており、自分の帽子をジャンプ台にしてより高く飛ぶ新アクションもあるようです。
発売は冬予定。

■ゼノブレイド2
ゼノブレイドクロスの続編ではなくゼノブレイドの続編が発表。
PVでは広大な草原を走り回ったり空に浮かぶ(?)町の様子が確認でき、ノポン族が相変わらず登場し巨大な生命体もいる模様。
前作との関係性はまだ不明ですが主人公がモナドのような赤い剣を所持していて気になるところ。
発売は2017年予定と時期に付いては発表がありませんでした。

■ファイアーエムブレム無双
ガンダムやらゼルダが無双になるんだから出てほしいなーと常々思っていたファイアーエムブレム無双が発表されました。
ショートPVが公開されただけでゲーム内容や発売時期に付いては一切不明なので今後の情報に期待していきましょう。

色々と忙しいので

今まで毎日のように何かしら書いてきましたが今後は書きたいときに書きます。
といっても現在スプラトゥーンがフェスなので明日は何か書くと思いますが。

RTAを見ていた

ゲーム駅伝「ドラゴンクエストIII」日本一決定戦

元からRTAを見るのは好きでニコ生等をよく眺めてたんですが、地上波でも放送されるというこの公式イベントは企画が発表された時から気になっていて、今日は二次予選がニコ生で中継されるというのでずっと見てました。
ニコ生で基本となっている所謂駅伝ルールとは微妙にレギュレーションが違いますが、二次予選出場者はだいたいニコ生で見たような人たち。
来週には決勝がありそちらもニコ生で中継するようなので多分見ると思います。

時間が取れない

色々と忙しくてSO5触れてないです。
同じような理由でサモンナイト6もあまりやらないままSO5の発売を迎えてしまってるのでどうにかしたいところ。
とりあえずはSO5のクリア優先で、ガブリエやイセリアもどこかにいるとは思うのでその辺りまで倒せればいいかなあと。

プロフィール

Soro

Author:Soro
■MHXX
キャラクター名:Soro
3DS:3480-2683-8093

■Discord
Soro#8059

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム