Steamサマーセール

セール期間が半分くらい終わってから記事にするタイプの人間。

Steamにて恒例のサマーセールが先週くらいから開催されています。
最近流行のドン勝(PUBG)は残念ながらセール対象ではないですが、結構話題に上がったニーアオートマタは今回初めてセールという事で買った人も多いのではないでしょうか。

さて本題ですが、今月初めくらいにFallout4本体の定価が7980円から3300円と変更されました。
今回のセールでどうなったかというとそこからさらに半額、つまりは1650円と大変お買い得に。
Fo4は本当はDLCが同梱されたGOTY的なものがセールになったら買おうと思っていましたが、最後のDLCが去年の9月末に出てからそういった情報が一切出てこないのでもう待ちきれなくなって本体だけ買いました。
DLCは本編ある程度やってから考える事にします。
スポンサーサイト

幸運バグ修正

今月のDLCの配信と一緒に1.03へのアップデートもありましたが幸運バグが修正されてしまいました。
主要メンバーはある程度稼いで置いたのでそこまで痛手ではないですが、エースポイントの獲得量が減っているのを見るとちょっと悲しくなりますね。
ちなみに幸運バグとして騒がれているもののうち「戦闘結果に関わらず幸運の効果が発揮されてエースポイントが獲得できる」というのがバグであり、「戦艦の艦長が幸運を持っているとクルーにも幸運効果のエースポイントが獲得できる」というのは仕様なので、戦艦で敵を倒し続ければそれなりにエースポイントは稼げるのでご安心を。

あけましておめでとうございます

Gジェネが一区切りついたら今年の記事を投稿しようと思っていたら年が明けてから1週間経過してました。
今年もまったりとよろしくお願いします。

ということでGジェネ1stからUCまでの収録シナリオ全部クリア+最終ステージクリアしました。
難易度は全部ノーマルでしたがクリア直後の編成と戦績置いておきます。
Gジェネジェネシス クリア後編成
Gジェネジェネシス クリア後戦績

以前グループ2を作ろうか迷っていましたがグループ2は結局作らずグループ1のみでクリア。
一通りクリアするまではパイロットはGジェネオリジナルキャラだけで(マイキャラも作成しない)という軽い縛り。
艦長を見れば分かる人には分かりますが、初期バージョンから存在していて現最新バージョンである1.02でも修正されていない「幸運バグ」が発動しています。
が、エースポイントでステータスを大幅に強化してしまうと味気なくなってしまうため、クリアまではエースポイントはアビリティの成長にだけ使用して、ステータス強化には一切使用せずに貯めてあるのでレベル通りのステータスになっています。
一通りクリアした割には序盤に作ったサイコハロとフェニックスのレベルが低いですが、これは途中から成長ボーナスを振り直すために途中から新しく生産し直しました。
戦艦クルーがやたら育ってるのはグループ攻撃を乱用していた結果になります。
ハロをサイコハロにまで上げる以外はクリア済みステージに戻ってレベル上げをするという事はあまりしていなかったんですが、他の人と比べるとプレイ時間的にはどうなんですかね?
それなりにシナリオは真面目に読んでステージプロローグのナレーションなどを含むボイスのある部分はなるべく飛ばさずに聞いていたので、そこらへんを飛ばして進んでいた人はもっと早く終わってると思います。

とりあえずゲームバランスとしての感想は序盤は辛くパイロットや機体が強化される終盤は楽といういつものGジェネでした。
原作再現型で好きなシナリオから選べる今作では、初期状態でもどのシナリオからでもクリアが可能だが後に回した作品ほど楽になっていくというのはよく感じられると思います。
しかし宇宙世紀作品のみ収録し年代の移り変わりも表しているのか、年代後半の作品に登場するユニットほど基本ステータスが高いので、初期状態の編成でZZやUCのシナリオを通すのは厳しいかも。
それなりにレベルの上がったサイコハロでもZ辺りから雑魚ユニットをハロビットでワンパン撃破しながら荒らし回るというのも難しくなっています。
序盤は無理せず1stなどの年代的に最初のほうから少しずつ育てて行った方がいいかもしれませんね。

シナリオ的にどうかというのは正直シナリオ全体を通して知ってる作品の方が少なく、過去のGジェネ等のゲーム作品で取り扱った部分しか知らないというのも多くあるので、シナリオ収録作品の原作再現度はどうかとか演出はどうかみたいなのはよく分かりません。
ただどの作品もステージプロローグなどの会話やステージ中の演出は一度クリアするまではスキップすることが出来ず、シナリオの第1話は説明する部分も多いので、ステージ選択から実際にステージをプレイするまで結構時間が掛かったりします。
シナリオは知ってるからさっさとステージをプレイしたいとか、何らかの理由でステージからメインメニューに戻った場合はスキップ出来ないというのが煩わしいかもしれません。

機体やキャラクターのステータスが過去作品から一新されてはいますが原作再現型のGジェネが好きなら買って損はないと思います。
ただし宇宙世紀の基本収録はUCまで(DLCで多少追加有)、宇宙世紀外(所謂アナザーガンダム)の機体やキャラクターはクリア後特別機体以外は存在しないので、その辺りが好きという人には向かないかもしれません。

Gジェネ進捗

ちょろちょろとプレイしていますが序盤の目標サイコハロ作りました。
Gジェネジェネシス サイコハロ

最近の作品では恒例となった初期からチームに配属されている機体(フェニックスゼロ、トルネードどちらからでも可)の開発を進めていくと作れるようになりますが、ハロからサイコハロに開発するには20レベル必要で、ハロ自体の戦闘能力の低さと必要経験値の多さを考えると結構な苦行になります。
自分はマスター機に設定してシナリオを進めながらチマチマ稼いでましたがハロの初期戦闘能力は本当に低いため、ユニコーンステージ1などの短時間で簡単に多くの経験値を稼げるステージを周回してさっさと作ってしまうほうがいいかもしれません。
前作オーバーワールドと同じならハロとサイコロガンダムの設計でも生産リストに載せるのが可能のはずです。
まあサイコロガンダム自体を作るのがめんどくさいと思うので、弱めのハロを使い続けることに抵抗がなければハロのレベルアップをした方が早く作れるんじゃないかと。

シナリオ攻略は6作品が終わりました。
まだ半分にも行ってないですが短い作品は2ステージで終わってしまうのでシナリオ攻略作品数はあまりアテになりませんね。
シナリオの最終ステージでは基本的に大量の敵が多数の方向から、もしくは2面ステージでどちらからも攻めてくることが多く、1グループで対処できない数ではないんですがチームが戦艦から離れてしまって補給がままならないという場面もあるので、戦闘を楽にするためにもそろそろ2グループ目も考えていかないといけないのかなあと。
戦艦自体が高価というのもありますが機体の生産やキャラクタースカウト費用も馬鹿に出来ないので、もう少し余裕が出てきたら行動に移りましょうかね。

Gジェネジェネシス買いました

最近新作のゲームを買っていないので得に書くこともなく放置されてますが、昨日発売したGジェネレーションシリーズの最新作のジェネシス(PS4版)を購入しました。
買ってから気付きましたが今作は宇宙世紀作品しか収録されていないので、WやSEED等に登場する機体やキャラが出てこないのが残念です。

まだまだ序盤も序盤ですが概ねいつものジージェネといった印象。
しかしユニットやキャラクターのステータスが一新されており、前作までは序盤に登場するようなユニットは攻撃力などが高くても20程度しかありませんでしたが、今作ではザクでも90程度、オリジナル機体であるフェニックスガンダム(能力解放)では220と数値が大幅に上がっています。
また前作まではレベルアップで得たボーナスポイントを振って能力が上がるというシステムでしたが、今作ではレベルアップ時にも全体的に能力が上昇しさらにボーナスも振れるようになっています。

ここまで書くとインフレしているように見えますが実際のところ攻撃力を10程度増やしたくらいでは劇的にダメージが変化することもなくデフレ気味。
命中回避も中々に上がってくれないのでユニットやキャラクターが育つまでは大変ですが、それでも続けていくとじわじわと楽になっていく辺りGジェネだなあと。
それとキャラクターについてですが前作のオーバーワールドではどんなキャラクターでもACEポイントを使用することでアビリティやスキルを好きなように覚えれた気がしますが、今作ではレベルアップでしか覚えない(特別な取得条件があるかも?)ようで、キャラクターの個性がより出てくるようになったみたいです。
何でもかんでも好きなように覚えれた前作がおかしかったというわけではないですがカスタマイズ性はちょっと薄くなったかもしれません。

5層ボス撃破

発売から2ヶ月が経過して難易度アドバンス、プレイ時間44時間、平均レベル63でようやく5層ボス撃破、つまりは本編をクリアしました。
今作で使用したクラスの相性が悪いといわれればそれまでなんですが、過去作と比べてボスが非常に強く編成の関係上状態異常を入れて一気に攻める、デバフを入れて戦闘を楽にすると言う手段が使えなかったので、力押しするしかなくレベル上げで時間をとられました。
夏に色々あって期間が開いたこともあってラスボス直前まで鍛冶のことを完全に忘れていたんですが、アタッカーを担当していたフェンサーとウォーロックの武器を鍛えるだけで目に見えて火力が変わったのでかなり損していたんだなあと。

今作に限らず世界樹シリーズをプレイする際は基本的にアイテムは回復アイテムだけを使用して、ミスト系や強化打ち消しなどの戦闘を有利に運ぶ補助アイテムは使用しないという軽い縛りをつけてやってきましたが、ラスボスの攻撃を耐え続けれないため絶耐ミストとラウダナムを解禁してのクリア。
クリア前上限付近までレベルを上げたり編成自体を見直せば補助アイテムの使用を抑えれたとは思いますが、最初に決めた編成でクリアしたかったというのとラスボスまで進めたしさっさとクリアしたいと言う気持ちもあったので、アイテム使用を解禁してそのままクリアした感じ。
そもそも敵の強化を消す手段を自分の編成では持ち合わせてなく、攻撃強化状態の瘴気の黒炎が耐え切れないため、編成を変更しない場合ラウダナムはほぼ必須になるのでアイテム解禁は必然だったかも。

クリア後のおまけと言うかここからが本番の6層に行けるようになりましたがラスボス戦で燃え尽きたので次はちょっと間が空くかもしれません。

4層ボス撃破

あまりにのんびりとプレイしているので9月中に本編クリアは出来そうにないですね。

ようやく4層ボスを撃破しましたが、4層入った直後の感想として雑魚の強さがこれまでよりも数段上がっているような。
コウモリが全体催眠を連発してきてナメクジやトカゲが高火力で着実にこちらを戦闘不能に持ち込んでくるので、引退ボーナスを得るために引退してリハビリが完全に終わる前に突入したこともあり、全滅やそれに近い状態なり中々探索が捗らず結構時間が掛かってしまいました。
コウモリが落とす素材で睡眠耐性装備を火力役のフェンサーとウォーロックに装備させてからは大分楽になったのでそこに気付けるかどうかって感じなんですかね。
まあそれでも光ったゴリラやモグラが本気出すと一瞬で壊滅する辺り世界樹だなあと。

4層ボスは属性形態ではマテリアルガードとチェイスハーブで事実上全カットに近い形が取れるので楽でしたが、物理形態は全体物理カットのコストが非常に重い(そもそも習得していない)ためバンカーにどれだけ攻撃が集中してくれるかという運ゲーに持ち込むことに。
全体への石化や縛りなども使用してきて自然回復が遅くなると壊滅も見えてくるため、地道にレベルを上げて試行回数を増やしアイテムを多数使用するゴリ押しスタイルでどうにか打開しましたが結構な綱渡り。
5層ボスもレベルを上げてどうにかするスタイルになりそうです。

プロフィール

Soro

Author:Soro
■MHXX
キャラクター名:Soro
3DS:3480-2683-8093

■Discord
Soro#8059

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム