FF12TZAクリア

FF12のHD移植ザゾディアックエイジクリアしてました。
本当はもっと中古が安くなってから買うつもりだったんですが、思った以上に早くDQ11が一息ついたとかいろいろあってその穴埋めです。
以前PS2版とTZAとの変更点記事にしましたが、2ジョブ選べるようになったので戦術・育成の幅が広がった(というかやりたい放題できるようになった)ということ、順番待ち解消のおかげでガ系魔法を気軽に発動できるようになったことの2点はやはり大きく、ある程度仕様を知っていればサクサクと進めることが出来ました。
後過去の記事には書いてませんでしたが、初級魔法(ファイアやケアル等)がインター版で範囲化されたものが無印同様に単体に戻されていたり、トライアルのデータを本編に持ち帰ることが出来るといった変更点もあったみたいです。
プレイ内容としては全12ジョブを被り無しで選ぶ、源氏装備可能な3ジョブを被らせずにばらけさせる、本編クリアまでトライアルモードを利用しない、本編クリアまでは状況再現を利用しないというその辺り。
PS2版では6ジョブしか選べなかったので必然的に使えない魔法や装備が出てきて、これはもったいないなということを考えての12ジョブ被り無しでしたが、実際のところ使わない装備は使わないままだったので被らせてしまってよかったですね。
それと状況再現ですが、7月中にはザイテングラートを代表とする凶悪な装備を安定して取得できるようなセットアップが確立されており、それを使えば最序盤から大暴れできるんですが、それを使うとただシナリオをなぞるだけになってしまうので禁止しておくという感じ。

とりあえず本編クリアしてある程度モブを倒したり召喚獣を回収したりしましたが、ジョブ被りや状況再現など無制限に利用したデータで遊んでみたくなったので2周目始めようと思います。
スポンサーサイト

FF12ザゾディアックエイジ発売日

このままだとDQ11まで何も書くことがないのでここらで一息。

本日FF12HD移植のFF12ザゾディアックエイジが発売しました。
ちなみにDQ11が控えていて満足にプレイできそうにないので今回は中古待ちです。
買ってもないのに何でわざわざ記事にしたかというとFF10のようにゲームバランスを変更せずにHD化したわけではなく、ゲームバランスに関わる部分が変更されているということに昨日気づいたからというそんな感じ。

無印版とインター版(IZJS)ではゲームバランスがまるっきり違うんですが、今回のHD移植ではもちろんインター版をベースにHD化されています。
そしてそこからまたバランスが変わった点としてまず一つ目がライセンスボードを2種類選択可能になったということ。
インター版では12個のジョブの中からひとつだけしか選ぶことができず、仲間キャラは6名しかいないというのと一度選んだジョブは変更できないということもあり、選んだジョブによっては特定の装備や魔法のライセンスが誰も習得できないこともありましたが、今回のHD移植では一人につき2種類選択可能になったため、全てのジョブを選択できるようになりました。
これにより全ての装備・魔法が誰かしらは使えるようになったことに加え、ジョブチェンジができないため戦い方が単調になりマンネリ化してしまうという部分についても若干改善されたんじゃないかと。
ちなみに誰も選んでいないジョブしか新規に選べないということはなく、たとえば仲間全員のジョブを黒魔道士にするといった極端なプレイも可能です。(これはインター版から)

バランスが変わった点二つ目ですがゲームにおける「順番待ち」の現象がハードの性能が上がったため解消されました。
順番待ちとはなんぞや?と思う人もいると思いますが、簡単に言えばPS2の性能が足りないため演出の重い魔法や技が同時に発動することができずに後回しにされてしまうといった感じ。
いわゆるガ系魔法やフレアのように過去作でも高レベルで使えるような魔法は威力が高い反面発動した際の処理も重く、そういった魔法は頻繁に順番待ちの処理が入り戦闘のテンポを悪くしており、何より順番待ちが発生してしまうとそのキャラクターは一連の処理が終わるまで待機状態になり事実上行動できなくなり、回復魔法はおろかアイテムすら使用できないため、窮地の際に順番待ちが発生すると立て直すことができずにそのまま全滅という可能性もありました。
ハードの性能が上がったおかげでこの順番待ちの制約がなくなり戦闘のテンポの悪化はなくなりましたが、この順番待ちの仕様を逆手に取った戦術は使用できなくなりました。
どういった戦術かというと相手の大技の発動直前に処理の重い魔法やアイテムの使用をすることで、相手の行動を順番待ちにハメてしまいその間に大ダメージを与えてしまおうというもの。
とはいえ順番待ちはどちらかというと回復ができなくなるというプレイヤーに対してのデメリットが多く、逆手に取った戦術を取るには仕様を熟知していないといけないため、縛りプレイやタイムアタックなどをしているのでなければほぼデメリットが消えたと思って良いんじゃないかと思います。

Steam版FF10/10-2発表

『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター』のPC版がSteamで5月13日に配信 - ファミ通.com

過去にPS3等で発売されたHDリマスターをベースに、ノーエンカウントモードや高速モードなどの機能を追加している模様。
SteamにはFFシリーズがいくつか配信されているものの、日本語のサポートがなかったりそもそも日本からでは買うことすら出来ないものもあるので今回の発表で不安になった人もいるとは思いますが、FF10/10-2は日本語サポートをキッチリとしているので安心。

FF7がフルリメイク

何度かリメイクの噂が上がっては消えていたFF7ですが、PS4でのフルリメイクが発表されたようです。
PS4のマシンパワーでフルリメイクするとどのくらい綺麗になるのか気になる反面、今のスクエニがリメイクするといったいどうなるのかという期待半分不安半分という感じ。
開発を開始したというくらいの情報だけなので発売はまだまだ先でしょうし、開発期間がかなり長いFF15の発売日も決まってはないので気長に待ちましょう。

PS4版FF10/10-2

昨日発売されたみたいですがさすがに買いません。
PS2版自体やり込んでてPS3版もやり込んでしまったので、追加要素がほとんどないPS4版まで買う信仰心は無いです。
FF10/10-2が好きでPS3版を買っていない、もしくはPS3を持っておらずPS4は持ってる、という人はPS4版を買ってもいいんじゃないかとは思います。

記事書いててPS3版の10-2を途中で放置してること思い出したので忘れよう。

AC版ディシディアファイナルファンタジー発表



PSPソフトとして過去に発売されたディシディアシリーズがパワーアップしてアーケードに登場するようです。
3on3の対戦型ゲームになるようなのである程度人を選びそうな感じ。
元々がタイマンゲーなのでどのようなバランス・調整になるのか気になりますね。

FFEX

FINAL FANTASY EXPLORERS 公式プロモーションサイト | SQUARE ENIX

気づいたら今週発売と間近に迫ったモンハン的FF。
以前は買おうかと思っていたのですが身内で買う人がいなさそうなので様子見。
野良も悪くはないんですが身内でワイワイ煽り合いながらやるほうがやはり楽しいので、誰もいないとなるとちょっと悲しくなります。
まあFFというブランドがあるので買う人は出てくるんじゃないかなとは思いますが。

プロフィール

Soro

Author:Soro
■MHXX
キャラクター名:Soro
3DS:3480-2683-8093

■Discord
Soro#8059

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム