MHXX

昨日のモンスターハンターダイレクトでモンハンシリーズ最新作となるモンスターハンターダブルクロスが発表されました。



PV単品はこちら。


MHXのバージョンアップ版、つまりは過去作にあった所謂G版になるわけで、もちろんG級クエストが追加されクロスの特徴であるスタイルや狩り技の追加も。
クロスの4大メインモンスターに加えてダブルクロスでは「鏖魔ディアブロス」「銀翼の凶星バルファルク」の2体を追加して6大メインモンスターに。
その他にもベリオロスとボルボロスの復活、また鏖魔ディアブロスは二つ名モンスターなのでオリジナルであるディアブロスの復活もあると思われます。
新規フィールドとしてはとても高いところにあると設定されている「遺群嶺」が追加され、MH2等で登場した砂漠が復活する模様。
対応ハードはMHXに引き続き3DSでもちろんデータの引継ぎも可能。
発売日は2017年3月18日(土曜日)。
スポンサーサイト

Steam版 怒首領蜂大復活

Steam版の怒首領蜂大復活が昨日から配信開始されました。
一通り触りましたがクリアできたのは通常版のノービスモードでのみという体たらく。
Xbox360版移植が出た当初Ver1.5オリジナルモードをノーコンテニューでクリアしようと頑張っていた時期はありましたが、元々あまりやり込んだ作品ではないのでこんなものかと。

過去のSteam移植作品と比べるとちょっと高いですが1週間程度は割引+サウンドトラックDLCが無料で付いてくるので興味のある人は早めに買った方がいいかもしれません。

5層ボス撃破

発売から2ヶ月が経過して難易度アドバンス、プレイ時間44時間、平均レベル63でようやく5層ボス撃破、つまりは本編をクリアしました。
今作で使用したクラスの相性が悪いといわれればそれまでなんですが、過去作と比べてボスが非常に強く編成の関係上状態異常を入れて一気に攻める、デバフを入れて戦闘を楽にすると言う手段が使えなかったので、力押しするしかなくレベル上げで時間をとられました。
夏に色々あって期間が開いたこともあってラスボス直前まで鍛冶のことを完全に忘れていたんですが、アタッカーを担当していたフェンサーとウォーロックの武器を鍛えるだけで目に見えて火力が変わったのでかなり損していたんだなあと。

今作に限らず世界樹シリーズをプレイする際は基本的にアイテムは回復アイテムだけを使用して、ミスト系や強化打ち消しなどの戦闘を有利に運ぶ補助アイテムは使用しないという軽い縛りをつけてやってきましたが、ラスボスの攻撃を耐え続けれないため絶耐ミストとラウダナムを解禁してのクリア。
クリア前上限付近までレベルを上げたり編成自体を見直せば補助アイテムの使用を抑えれたとは思いますが、最初に決めた編成でクリアしたかったというのとラスボスまで進めたしさっさとクリアしたいと言う気持ちもあったので、アイテム使用を解禁してそのままクリアした感じ。
そもそも敵の強化を消す手段を自分の編成では持ち合わせてなく、攻撃強化状態の瘴気の黒炎が耐え切れないため、編成を変更しない場合ラウダナムはほぼ必須になるのでアイテム解禁は必然だったかも。

クリア後のおまけと言うかここからが本番の6層に行けるようになりましたがラスボス戦で燃え尽きたので次はちょっと間が空くかもしれません。

プロフィール

Soro

Author:Soro
■MHXX
キャラクター名:Soro
3DS:3480-2683-8093

■Discord
Soro#8059

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム