ドラゴンクエスト11 オープニングムービー公開など

確か去年の夏ごろに発表があったドラクエ11ですが、今日のジャンプフェスタ内でようやく続報が届きました。


オープニング内ではまだ発表がされていないキャラがわらわらと登場しますが、現時点で触れられているのはDQ6主人公のような青髪の青年「カミュ」のみ。
最終的に仲間になりそうなのはムービー終盤で剣を掲げる際に集まっていた主人公含めて7人ですかね。
最近の作品の主人公は「血筋は特別だが本人はそのことを知らない普通の少年(青年)」という事が多く「勇者」という呼称は避けられていましたが、11の主人公は勇者であると開発陣から発言がありました。
それと11は初代を意識していると開発陣からは以前から言われておりムービー内でロトの剣を掲げていることや、世界の名前が「ロトゼタシア」であることから何かしらの関係性はありそうです。

PS4版のフィールドマップを歩く、馬に乗るシーンや、3DS版の町の中の様子なども公開されましたが今回は戦闘は公開されませんでした。
PS4版はシンボルエンカウントと呼ぶには敵シンボルが多めだったので、DQ10のようにシンボルエンカウントでなおかつフィールドはそのまま周囲のモンスターと戦うような感じでしょうか。
フィールドコマンドも確認できましたがこれまでドラクエの常識であった左上の「はなす」コマンドが消滅しており、「どうぐ」「そうび」「つよさ」「じゅもん」「なかま」「さくせん」の6つになっていました。
最近の作品では装備コマンドは作戦や道具に内包されていたのにわざわざフィールドコマンドに出してきた辺り何かあるかもしれません。

発売予定は2017年。
30周年内に発売したいという以前の発言が実現するのなら5月いっぱいくらいになるんですがどうなりますかね。
スポンサーサイト

Gジェネ進捗

ちょろちょろとプレイしていますが序盤の目標サイコハロ作りました。
Gジェネジェネシス サイコハロ

最近の作品では恒例となった初期からチームに配属されている機体(フェニックスゼロ、トルネードどちらからでも可)の開発を進めていくと作れるようになりますが、ハロからサイコハロに開発するには20レベル必要で、ハロ自体の戦闘能力の低さと必要経験値の多さを考えると結構な苦行になります。
自分はマスター機に設定してシナリオを進めながらチマチマ稼いでましたがハロの初期戦闘能力は本当に低いため、ユニコーンステージ1などの短時間で簡単に多くの経験値を稼げるステージを周回してさっさと作ってしまうほうがいいかもしれません。
前作オーバーワールドと同じならハロとサイコロガンダムの設計でも生産リストに載せるのが可能のはずです。
まあサイコロガンダム自体を作るのがめんどくさいと思うので、弱めのハロを使い続けることに抵抗がなければハロのレベルアップをした方が早く作れるんじゃないかと。

シナリオ攻略は6作品が終わりました。
まだ半分にも行ってないですが短い作品は2ステージで終わってしまうのでシナリオ攻略作品数はあまりアテになりませんね。
シナリオの最終ステージでは基本的に大量の敵が多数の方向から、もしくは2面ステージでどちらからも攻めてくることが多く、1グループで対処できない数ではないんですがチームが戦艦から離れてしまって補給がままならないという場面もあるので、戦闘を楽にするためにもそろそろ2グループ目も考えていかないといけないのかなあと。
戦艦自体が高価というのもありますが機体の生産やキャラクタースカウト費用も馬鹿に出来ないので、もう少し余裕が出てきたら行動に移りましょうかね。

プロフィール

Soro

Author:Soro
■MHXX
キャラクター名:Soro
3DS:3480-2683-8093

■Discord
Soro#8059

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム